有機野菜宅配比較
HOME有機野菜の定義>有機野菜の認証方法

有機野菜の認証方法

有機野菜の袋に、輪っかが連なったような緑のマークが表示されているのを見たことがありますか?

あれは有機栽培で育てられた野菜が、農林水産大臣に登録された登録認定機関によって認証されたことを証明しているマークです。

有機野菜にはしっかり定義が存在しており、「農薬や化学肥料は原則として使用しないこと」「生産から出荷までの生産工程管理・格付数量等の記録を作成していること」などの項目をクリアしなければ有機野菜として認められません。

jas認証を行うには書類審査と実地検査の両方の実施と上記の有機生産基準を満たしていること、生産管理や生産管理記録の作成が適切に行うことができるかどうかを確認してはじめてjas認証が認められます。

無事認められた野菜のみが、jas認証マークを表示して市場に出荷することができるのです。

この認証は、数年に渡って同じ環境で栽培していることに加え、最低でも1年に1度検査が入ります。

マークが表示されている有機野菜は、1年以内に有機生産基準をクリアしている環境で育てられた野菜なので安心して食すことができますね。

稀にマークがないのに有機野菜と表示されているものがありますが、それは基準がクリアできていない場合のみに限らず、あえてマークを付けさせないようにしている野菜かもしれません。

マークが付いたものを市場に出すと、高い値段をつけられてしまうため消費者の手に渡りにくくなるケースがあるからです。

大切なのはマークだけではなく、有機生産基準をしっかり満たしていることなのです。

オススメ有機野菜宅配サービスランキング!

有機野菜宅配Q&A

お試しセット体験記

有機野菜の宅配

有機野菜を知る

Yahoo!ブックマークに登録

関連タグ

無農薬 無農薬野菜 大地を守る会 販売 お取り寄せ お試し ネット販売 産直 ミレー 配達 減農薬野菜 通信販売 通販 有機肥料 野菜 オイシックス 減農薬 おすすめ 価格 有機栽培