有機野菜宅配比較
HOME有機野菜の定義>有機野菜と無農薬野菜の違いとは?

有機野菜と無農薬野菜の違いとは?

よく一緒だと思われがちな「有機野菜」と「無農薬野菜」ですが、これらは全く異なる栽培方法で育てられた野菜です。

消費者が求める野菜の条件によっては大きな違いが生じることがあるため、違いをしっかり把握しておく必要があるでしょう。

まず有機野菜の定義は「一定の農場のほ場で2年間以上(多年生の植物から収穫される農作物の場合は3年以上)、無農薬(化学合成農薬無使用)、無化学肥料(有機質肥料)で栽培した農産物」です。

化学肥料の使用は認められていませんが、有機肥料を使用することができます。

また規定外の農薬を使うことも可能です。

これが最も勘違いされやすいポイントです。

有機野菜というと無農薬のイメージが強いですが、必ずしもそうとは限りません。

極端に言ってしまえば農薬野菜と同様、害虫駆除に農薬を使ってもそれは有機野菜として扱われます。

農薬野菜と有機野菜の違いはどの農薬を使っているかで分類されます。

そして無農薬野菜とは、収穫までの過程で一切農薬を使用しない栽培方法で育てられた野菜をいいます。

逆にいえば農薬を使用しなければ、どんな肥料でも使用が許されているため有機野菜とは全く異なります。

しかし、そもそも「無農薬野菜」の表記は農林水産省のガイドラインで禁止事項として定められています。

それでもなぜ無農薬表記が減らないかというと、罰則が付いていないからです。

表記が禁止されている理由は、無農薬と書くと消費者は残留農薬がまったくないものと勘違いする恐れがあるためです。

オススメ有機野菜宅配サービスランキング!

有機野菜宅配Q&A

お試しセット体験記

有機野菜の宅配

有機野菜を知る

Yahoo!ブックマークに登録

関連タグ

価格 無農薬 通信販売 産直 配達 お取り寄せ らでぃっしゅぼーや 無農薬野菜 ミレー 有機肥料 お試し 通販 大地を守る会 販売 おすすめ オイシックス 減農薬野菜 減農薬 産地直送 ネット販売