有機野菜宅配比較
HOME有機野菜の定義>有機野菜のjas認証とは?

有機野菜のjas認証とは?

有機野菜にはjasマークと呼ばれる緑のマークが表示されていることがあります。

これはその野菜がjas認証された証拠であり、より安心して野菜を食べることができますよ、という印になっています。

そもそもjas認証とは何かというと、有機野菜を生産する時に有機生産物基準を満たしていることが確認されたもののことを呼びます。

この基準を満たしたもののみが有機野菜として認められ、消費者に安心を与えることができるのです。

jas認証は消費者に大きな安心を与える代わりに、生産者は大きなコストと労力を必要とします。

というのは、有機生産物基準を満たしていることを確認するための検査は消費技術センターの監査の元で行わなくてはいけません。

その確認のために必要な費用は全て生産者側が負担しなければならないのです。

検査料は1枚1枚の畑で行われ、その費用は全て別料金です。

畑が多いほど検査料が必要となる上、監査員の宿泊代や交通費まで生産者側が払わなければいけないのです。

これらの理由から、有機生産物基準を満たしている野菜がすべてjas認証されている訳ではなく、負担を考えて認証できない有機野菜も多く存在しているのです。

jasマークはあくまでも安心して食べられる印ですから、絶対にマークを取得しなければいけない訳ではないのです。

jasマークが無くても安心できておいしい有機野菜を見極めるには、農家の方々とのコミュニケーションや情報公開が大切になってくるのです。

オススメ有機野菜宅配サービスランキング!

有機野菜宅配Q&A

お試しセット体験記

有機野菜の宅配

有機野菜を知る

Yahoo!ブックマークに登録

関連タグ

らでぃっしゅぼーや 通信販売 お試し 減農薬野菜 販売 産地直送 産直 ミレー 大地を守る会 お取り寄せ おすすめ 配達 有機肥料 無農薬野菜 通販 オイシックス オーガニック 無農薬 減農薬 価格