有機野菜宅配比較
HOME有機野菜の定義>有機野菜に使われている肥料とは?

有機野菜に使われている肥料とは?

植物の栽培に使われる肥料は基本的に「化学肥料」と「有機肥料」に分かれます。

通常の野菜の栽培方法は化学肥料を使用し、有機野菜の栽培では有機肥料と呼ばれるものを使用します。

化学肥料を使って育てた野菜は有機野菜として認められません。

有機肥料は土壌中の微生物を活性化させることで分解されます。

大量に繁殖した微生物はたくさんのミネラル分(カルシウム、マグネシウム、鉄)を生成し通気性を良好にします。

そして主に蛋白質に含まれる窒素成分はアンモニアを経て硝酸に変化します。

これを“窒素の無機化”と呼び、有機物を吸収できない植物が肥料の成分を吸収できるよう無機化に変換される現象です。

有機質肥料は含まれている成分によって肥効特性が異なるため、より野菜に合った肥料になるよう、ブレンドして土に分解させることが多いようです。

初心者の方はどの肥料がどんな肥効特性を持っているか知らないため、ホームセンターで売っている有機肥料をそのまま使っても問題ありません。

有機肥料は化学肥料に比べて即効性が無いのがメリットとされています。

無理に植物の成長を早める訳ではないため、植物が自分のペースでゆっくりすくすく育つことができます。

ゆっくり育つと本来野菜が持っている栄養分を最大限に発揮することが出来るので、結果有機肥料で育てられた野菜はビタミンを多く含み栄養価が高いとされているのです。

また微生物が生成したミネラルによって、野菜にもミネラルが豊富に含まれるようになります。

オススメ有機野菜宅配サービスランキング!

有機野菜宅配Q&A

お試しセット体験記

有機野菜の宅配

有機野菜を知る

Yahoo!ブックマークに登録

関連タグ

無農薬野菜 減農薬 野菜 ミレー 有機栽培 らでぃっしゅぼーや 産地直送 有機肥料 無農薬 ネット販売 お取り寄せ 産直 オーガニック お試し 減農薬野菜 大地を守る会 販売 おすすめ 通販 通信販売