有機野菜宅配比較
HOME有機野菜を食べよう!>有機野菜は本当においしい?

有機野菜は本当においしい?

有機野菜とは化学肥料などで汚染された土を使わず、有機肥料で育てられた野菜のことを呼びます。

世間では一般的な農薬を使って育てられた野菜よりも、有機野菜の方が味が濃く、おいしいとされています。

同じ気候で同じ野菜を育てても、有機野菜の方が甘みがあるように育てることができるからです。

その理由はずばり、野菜を育てる土に多くの微生物を含んでいるからです。

化学肥料や農薬を含まない土には豊富な微生物が含まれており、野菜をおいしく育てる手助けをしてくれるのです。

なぜ微生物で野菜がおいしくなるかというと、土の中にいる微生物はたくさんのミネラルを作りだします。

有機肥料にはマグネシウムやカルシウム、亜鉛や銅などのミネラル分が微量に入っているので、土に戻すことで豊富なミネラルができあがるのです。

これらのミネラルは、土の中で育っている野菜の旨みや甘み、コクを引き出す効果があるため、有機野菜は通常の野菜に比べておいしいと言われているのです。

また従来の肥料は野菜の成長を早める働きがあります。

早く大きく育つことは野菜にとってメリットと考えがちですが、成長を急かすことは野菜の本来の旨みを十分に発揮させることができなくなるのです。

その野菜が育つスピードに合わせてあげることで、自然のうまみをギュッと濃縮した生で食べても旨みや甘みを感じさせるほどおいしい野菜にすることができます。

もちろん地域・気候によって味は変わってきますが、化学肥料で育てた野菜より有機肥料で育てた野菜の方がおいしいと言えるでしょう。

オススメ有機野菜宅配サービスランキング!

有機野菜宅配Q&A

お試しセット体験記

有機野菜の宅配

有機野菜を知る

Yahoo!ブックマークに登録

関連タグ

大地を守る会 ネット販売 オーガニック 減農薬野菜 有機栽培 販売 配達 通信販売 ミレー 有機肥料 価格 減農薬 産直 お試し 無農薬 お取り寄せ 産地直送 通販 おすすめ オイシックス