有機野菜宅配比較

有機JAS規格とは?

安心して食べられる野菜として、オーガニック野菜や有機野菜が人気になっています。

しかし、産地偽証や賞味期限詐称など、今は何を信用していいかわからない事件が多発しています。

ですから、いくら有機野菜と言われているものでも、「本当に有機野菜なのか」と疑ってしまう方も多いでしょう。

また、オーガニック野菜や有機野菜の人気にあやかろうと、偽物もたくさん流通したこともありました。

そこで、農林水産省によって2001年より「有機」と表示をする場合には、「有機JASマーク」を貼ることが義務付けられました。

この「有機JASマーク」というのは、「有機JAS規格」で決められた基準を満たしていることを条件として、オーガニック検査員の検査のもと第3者機関の認定機関から有機認定をうけないと取得することが出来ません。

JAS規格にはいくつかの種類があって、一般JAS、有機JAS、特定JAS、生産情報公表JAS、流通JASがあります。

つまり、有機JAS規格は、JAS規格の種類の一つです。

有機JAS規格では、まず多年生作物を栽培する土壌に、過去3年以上は農薬や化学肥料を全く使っていないという規定があります。

もし、野菜やお米を栽培する場合には、過去2年以上農薬も化学肥料も使っていないという規定になっています。

これは作付をする前に遡ってからになるので、土壌がまったく汚染されていない土地で栽培するということになります。

もっと細かい規定がありますが、こういった規定に合格した有機農産物、有機畜産物、有機加工食品などの種類が、「有機JAS規格」の認定を受けることが出来ます。

オススメ有機野菜宅配サービスランキング!

有機野菜宅配Q&A

お試しセット体験記

有機野菜の宅配

有機野菜を知る

Yahoo!ブックマークに登録

関連タグ

野菜 通信販売 オイシックス 配達 ミレー 有機栽培 ネット販売 通販 無農薬 価格 減農薬野菜 大地を守る会 産直 有機肥料 減農薬 産地直送 お取り寄せ オーガニック 無農薬野菜 お試し