有機野菜宅配比較

有機栽培・無農薬栽培・特別栽培の違い

健康志向の方に限らず、生で食べることの多い野菜だけは、安心して食べられるものを選びたいという方が増えています。

そこで、安心して食べられる野菜を調べてみると、必ず出てくるのが「有機栽培」「無農薬栽培」「特別栽培」で育てられた野菜です。

それぞれに決められた基準があり、栽培方法も違うので、どのようなものかをきちんと理解して、自分が「良い」と思った栽培方法のものを選びましょう。

まず、有機栽培というのは、農薬はもちろん、化学肥料を一切使わないで有機質のたい肥などを肥料として育てる栽培方法です。

また、この規定は土壌にも関係していて、多年生の作物なら収穫をする3年以上、1年生なら種や苗を植え付ける前の2年以上は農薬と化学肥料を使っていないということが基準となります。

それに、遺伝子組み換え技術を取り入れた種や苗を使わないと言うのも、JASの基準に組み込まれています。

無農薬栽培というのは、読んで字のごとく、農薬をまったく使わないで栽培する方法です。

有機野菜のように土壌の質は問いませんが、その代わり栽培する時にまったく農薬を使わないというのが無農薬野菜です。

ただし、栽培する土壌に農薬が残っていることもありますし、化学肥料に関しては規定がないので、有機野菜よりも安全であるとは言い切れないのです。

特別栽培というのは、完全に農林水産省のガイドラインに基づいて作るという方法です。

と言っても、今まで使っていた化学肥料や農薬の半分しか使わないようにすれば、「特別栽培」とみなされます。

つまり、化学肥料だけを使わなかったり、農薬を5割以上削減して栽培するだけで「特別栽培」になるのです。

オススメ有機野菜宅配サービスランキング!

有機野菜宅配Q&A

お試しセット体験記

有機野菜の宅配

有機野菜を知る

Yahoo!ブックマークに登録

関連タグ

ミレー お取り寄せ らでぃっしゅぼーや オーガニック 通信販売 減農薬 価格 お試し オイシックス 大地を守る会 有機肥料 配達 無農薬野菜 減農薬野菜 有機栽培 産直 無農薬 野菜 産地直送 ネット販売