有機野菜宅配比較
HOME有機野菜は本当に大丈夫?>有機野菜は大腸菌の心配はないの?

有機野菜は大腸菌の心配はないの?

有機野菜が完全に安全であるかは正直難しいところです。

実は海外ではオーガニック食品のトラブルが多く発生しており、原因はO-157菌やSTECと呼ばれる腸管出血性大腸菌が食材に付着していたことから起きたトラブルでした。

世界的に見ても有機野菜の危険性は大きく、特に海外から輸入されたものには注意が必要と言われています。

有機野菜の購入は必ず厳しい検査を通過した国産のものを注文してください。

なぜ有機野菜に大腸菌が付着していたかというと、それは使用した有機肥料によるものでした。

有機肥料は動物性物質(堆肥や糞尿など)が含まれています。

普通は検査を行うのですが、偶然牛の糞尿に含まれていた腸管出血性大腸菌が繁殖し、消費者の口に入ったものと考えられています。

日本で販売している肥料の中にも、遺伝子組み換えを行っている家畜の糞尿が使われている場合があります。

有機野菜が悪い訳ではなく、栽培に使う土には十分に気を配らなければいけないということです。

日本で販売している有機野菜は、出荷前に残留農薬・放射能・会社独自の厳しい品質チェックを行っているためそのような状況になることは考えにくいのですが、注意しておくにこしたことはありませんね。

本当に安全な有機野菜を購入するポイントは、jas認証マークが表示されている野菜を選ぶことです。

また、野菜を生産している農家の情報をしっかり把握しておくことでより安心して野菜選びをすることができます。

オススメ有機野菜宅配サービスランキング!

有機野菜宅配Q&A

お試しセット体験記

有機野菜の宅配

有機野菜を知る

Yahoo!ブックマークに登録

関連タグ

オイシックス 有機肥料 産直 減農薬野菜 ミレー 販売 無農薬 配達 産地直送 通販 お取り寄せ 無農薬野菜 お試し 野菜 通信販売 おすすめ ネット販売 オーガニック 大地を守る会 らでぃっしゅぼーや